ホテルのいろは

困ったときにはビジネスホテル

忘年会、新年会など、連日連夜飲んでいると、マイホームまで帰るのがおっくうになったり、終電に乗り遅れてしまったりもします。もしくは電車には乗れたけれど、そのまま居眠りをして最寄り駅を乗り過ごしたり。そんな状態では、週末も二日酔いや寝てばかりで、充実した週末にすることは不可能です。

 

まだ週末ならいいですが、平日にそんなことになったら、次の日、会社を遅刻したり、休むことにもなりかねません。ある程度時間が遅くなってしまったら、ビジネスホテルに宿泊してしまうのも一つの方法です。

 

平日夜などは料金も安く、またしっかりと睡眠をとることができるので、次の日に大事なビジネスや商談が控えているときにはいいでしょう。カプセルホテルとは比べ物にならないくらい体を休めることができ、おすすめです。また、次の日は、いつも自宅を出るときよりゆっくり朝を過ごすことができるので、仕事の能率も上がること間違いなしです。ビジネスホテルを賢く利用しましょう。

 

断熱カーテンは

まずは近いホテルが一番

ビジネスユーズとしてのホテルは、なによりも駅や仕事場へのアクセスがよいことが一番です。すでに何度も訪れているところならともかく、見知らぬ土地はまだまだ不案内なものです。タクシーを使うにも、あまりに長距離になってしまっては、会社でカバーしてくれる費用にも限界があります。

 

まずは毎日安心して仕事に集中できるように、アクセスがよく、一通りのサービスが揃っているところに宿泊するといいでしょう。殆どの場合、出張費などで精算可能ですが、その出張費や宿泊するホテルのグレード、つまり値段なども限度を設けている会社もありますから、そのあたりのポリシーをしっかり問い合わせておいて、請求漏れのないようにします。ビジネスホテルとしての価値は、まずは近く、またサービスがよく、値段が安ければいうことはないでしょう。

 

もし会社や出張先まで徒歩や駅で数えて数駅なら、朝はゆっくり過ごすことができるからです。また、似ている名称の熱海 ホテルが周囲にあるときも、間違えないように気をつけましょう。

 

表参道 美容室